多賀の柿の木の床の間飾り

 

これは、和室の床の間飾りです。
正面の板は 多賀に生えていた「柿木」なんです。
裏に 照明がしこんであって ほんのり いい感じなんです。

こんな風に活かせるなんて知らないと 邪魔になった柿木なんて捨ててしまいますよねぇ。
どっこい 活かせる場所はいっぱいあるんですよ。

茶室なんかにも使われるものもあります。

下の写真の 箸置きは 「黒柿」です。

いい模様の黒柿は 高いのです。

 

なかなか 渋い模様でしょ。

東京ミッドタウンで 作家もの 2100円でした。ちよっと 高いきもする・・・。

箸置きにのっているいるのが 梅の木のフォーク。

柿がのっているのが 杉の木。